自伐型林業が未来を拓く

みなさんは、自伐型林業をご存じでしょうか。自伐型林業とは、山林所有者が森林組合などの事業者に任せずに、自ら山に入り、作業道を切り拓いて森林の整備を行うものです。自伐型林業を行っている「美山きときとき隊」が管理する山林に入ると、夏の暑い日でもとっても涼しい空気が流れていて、とっても心地よいです。  自然と対話しながら共生することができる自伐型林業は、まさに福井らしい仕事だといえると思いませんか?福井の美しい山が守られることで、きれいな水や美味しい食物が育ちます。自伐型林業普及に向けた環境整備を私も応援してまいります。

自伐型林業が未来を拓く” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。